子供の成長には個人差があるとはいえ、好き嫌いの多い子供や食の細い子供をもつと、免疫力や体の成長に支障をきたさないか心配になりますよね。

そんな悩みをもつ方におすすめしたいのがアスミールです。

アスミールを飲むことで具体的にどのような効果があるのでしょうか。
3つのポイントに分けて紹介します。

子供の成長をサポートする

アスミールには成長ホルモンの分泌を促す亜鉛、アルギニン、プラセンタの3つの栄養素が配合されています。

亜鉛は成長ホルモンや骨を生成するもととなるタンパク質の合成を助け、細胞分裂を促す作用があり、身長を伸ばしたり筋肉をつくるとても重要な栄養素です。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進し、健康で丈夫な体をつくるだけでなく、記憶力や学習能力を高めます。
プラセンタはアンチエイジングなどの分野でも注目されている成分で、アミノ酸やビタミン、ミネラルなど豊富な栄養素に加え、成長因子という細胞分裂を促す組織が含まれています。

→詳しくはTOPの「アスミールの成分は?」へ

カルシウムの吸収を助ける

成長期に摂取したカルシウムの量は、大人になってからの骨量や骨密度まで左右します。
健やかな子供の成長に欠かせない大切な栄養素ですが、単純にカルシウムを大量に摂取しても、ほとんどは吸収されずに体外に排出されてしまいます。

アスミールは3種類の異なる原料から抽出したカルシウムを配合。

アスミール カルシウム

それと同時にカルシウムの吸収を助けるCCPやビタミンDなどの栄養素も含まれています。

アスミール 効果

栄養バランスを整える

子供が1日に必要な栄養をすべて食品から摂取しようとすると、大変な量になってしまいます。
食費もかさむうえ、食の細い子供にはとても食べきれません。

アスミールは1日1回飲むだけで、1日に必要な栄養素のおよそ70~80%を摂取できます。

アスミール 成分
11種類のビタミンをはじめ、DHAや鉄分、カルシウムなど複数の栄養素が配合されているため、偏食ぎみな子供や、塾や部活で忙しい子供の栄養バランスが気になる方にもおすすめです。

アスミールの効果的な飲み方教えちゃいます♪

アスミールは1日1回、コップ1杯分を目安として摂取するようにと公式サイトに書かれていますが、飲むタイミングについては特に指示がありません。

アスミールの効果を発揮させるには、どのような飲み方をすれば良いのでしょうか。

1日1回といわず、複数回飲めばそれだけ効果があるのかというと、そうとも限らないようです。
公式サイトにも商品のパッケージにもそのような記載はありません。

どんなに体にいいと言われている成分でも、過剰に摂取してしまえば悪影響を及ぼすおそれがあります。

メーカー側が推奨していない飲み方、避けたほうが無難です。

では、飲む時間帯によってアスミールの効果が出やすくなったり、逆に出にくくなることはあるのでしょうか。

アスミール 効果的な飲み方

子供の身長を伸ばす目的で摂取するなら、夕食後か就寝2時間前に飲むのが効果的です。

1日のうちもっとも成長ホルモンが分泌されるのは眠ってから2時間後です。

特に午後10時から午前2時までの4時間はゴールデンタイムと呼ばれ、この時間帯に睡眠をとれば、大人でも多くの成長ホルモンが分泌されます。

就寝前にアスミールを飲むことで、アルギニンやプラセンタなどの成分が成長ホルモンの分泌をさらに促し、身長を伸ばす効果が期待できます。

逆に朝一番にアスミールを飲んでしまうと、成長ホルモンの分泌を促す成分も含め、摂取した栄養素が夜までにすべて消費されてしまうので、気をつけましょう。

>>毎日の習慣にするなら公式サイト限定の定期コースがオススメ!詳細へ